7補助点作成・点群スナップ機能

膨大な点群から補助点を作成し、構造物を数分で作成することが可能です。
補助点やスナップ平面を用いて点群が存在しない場所でも作図することが可能です。
また作成した面を簡単に立体化することが可能です。

形状作成の際、法線色へ切り替える事で、エッジ部分が視覚的に把握しやすくなります。

平面表示で建物の各端点に補助点を配置します。

  • 平面から作成した補助点を連続線で閉合します。
  • 立面図に切り替え、天井部の形状をそのまま使用し、床まで同形状を作成します。
  • 建物の3Dモデリングが数分で完成します。